ピンポイント 白髪染め

これ1本で部分白髪の悩みから解放されます!

大事な用事があって出かけなくてはならないときに限って白髪を見つけてブルーになる時ってありますよね。

 

もっと緊急なのは、お出かけ中に白髪を見つけてしまって、一日中白髪が気になってしまって他のことに集中できなくなり、一日が台無し・・・・

 

私もそうだったんですけど、部分白髪のことで悩んでいる人って案外多いんですよね。

 

最近は特に若い人にその傾向があるようです。

 

でも、この記事を読んでくださっている人は、これでその悩みから解放されるはずです。

 

それは、私も使っている、今、一押しの素晴らしい白髪染めがあるからです!

 

 

ポイントはいつでもどこでもサクッと、でも「しっかり塗れて」、「手間がいらず」、かつ「髪や地肌に優しい」・・・ということ。

 

そんな夢のようなピンポイント用の白髪染めがこちらです♪

 

 

 

 

 

どうですか?

 

 

お洒落な見た目でしょう!?

 

 

これ、海外でもベストセラーとなっていて、相当売れているピンポイント用の白髪染めなんです。

 

 

白髪染めといっても見た目はとても大事ですよね〜

 

 

このピンポイント白髪染めの名前は、綺和美(KIWABI)という白髪染めシリーズの、『Root Vanish by Kazumi』といいます。

 

 

一見すると、白髪染めだとは誰も気が付かないと思います。

 

 

これ、今、いちばん人気があるピンポイント用の白髪染めといっても過言でもないと思います。また、このような良い製品が出たとなると、こういった携帯用のピンポイント用の白髪染めで「サッ」とピンポイントの白髪をサクッと染めて隠すのがこれからの新しいたしなみになるかもしれませんね。

 

 

 

ではこれから、私なりに、この、『Root Vanish by Kazumi』を実際に使ってみてのメリットデメリットをお伝えしたいと思います。

 

 

『Root Vanish by Kazumi』のメリットデメリット

 

メリット

白髪染めには見えないデザイン

ご覧の通り、とても洗礼されたデザインだと思いますね。これは、20代ぐらいからターゲットにしているデザインだと思います。

 

「えっ!20代でっ?」って驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、今どきの20代は悩みが多いのです!(笑)ちなみに私は40代後半です・・・失礼。

 

それから、ネーミングも明らかに低年齢層を狙っている感じですよね。

 

 

コンパクト

 

ピンポイント白髪染めのイチ押しはこれ!

 

コンパクトなのでバッグや鞄に入れて持ち歩くのにも場所を取りません。

 

ちなみに大きさは油性のマジックペンぐらいです。また、専用の黒い携帯ケースも付いてきますよ。

 

 

しっかり塗れてしかも頭皮に優しい。

外観だけではありません、コレ、実力も十分に兼ね備えた白髪染めと言えます。(ココ大切です!)

 

お出かけ前や、外出先で気になったときでも、ワンプッシュで液をハケに出して、白髪の根元から「トン、トン」と叩く感じで塗っていくだけ。

 

当然、手袋はいらないし、洗い流す必要もありません。液だれもしません。(キッパリ!)

 

が、とてもしっかり染まります!

 

ハケの面柔らかいですが、コシがあり、も太いので簡単に染まります。しかもちゃんと細部まで染まるのが良いです。今までの部分用の白髪染めって、結局あまり染まらなかったり、筆というかハケの部分が弱かったり毛が少なくて塗りにくいものが多かったり、仕上がり感がパリパリになってしまって、不自然に仕上がることも多かったのですが、この『Root Vanish by Kazumi』はそれらを覆す逸品と言えますね。

 

 

それだけでなく、乾きも早く、自然な感じに綺麗に仕上がります。しかもサラッとしてべとつかない点も◎です。

 

 

また、無添加、無香料、さらに、ノンシリコーン・天然植物由来成分を使用しているので、頭皮にも優しく、白髪染め特有の臭いがしないのもありがたいです。

 

コスパが高い

一本で2プッシュで100回ほど使えるので、2〜6カ月使えます。これは、とてもコストパフォーマンスが高いと思います。

 

私は、毎日は使っていませんが、1週間に2〜3回なので、4か月ぐらいは持つ感じです。

 

 

と良いことばかり並べて、販売者の回し者と思われても仕方ないほど、褒めていますが、それぐらい良い製品です。

 

 

う〜ん、これは、是非とも部分的な白髪で悩んでいらっしゃる方たちに使っていただきたいですね。

 

 

この『Root Vanish by Kazumi』は、今までの部分用の白髪染めとは出来が違います。

 

 

デメリット

これについては、個人的には、ほとんどないんですけど、一般的な見地から書いてみました。

 

まず、色の種類が少ないことでしょうか?

 

現在は3種類(ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン)が販売されていますが、私の髪の毛は普通に黒なので、問題ないですが、もう少し色の種類があるともっといいかもしれませんね。

 

 

それから、使い方ですが、最初は少し気を付けて液を出すようにしないと、一気にドバッと出てしまうかもしれないので気を付けて下さい。

 

 

また、『Root Vanish by Kazumi』は、当然、広い範囲を染めるには適していませんので、広い範囲を染めたい場合には、同じシリーズの「トリートメント」をオススメします。当然、広い範囲を染めるには適していませんので、広い範囲を染めたい場合には、同じシリーズの「トリートメント」である、『ROOT VANISH』をオススメします。

 

結論

 

さて、駆け足で私のオススメのピンポイント白髪染めをご紹介してまいりましたがいかがでしたか?

 

ぜひ、使ってみたい、もう少し詳しいことが知りたい・・・という方は下記から公式サイトでご確認ください。

 

2014年モンドセレクション金賞受賞。綺和美(きわび)